カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 17
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  リンク








  最新記事
(08/18)
(08/16)
    道の途中
(08/15)
(08/15)
(08/14)
    お盆です
(08/14)
(08/14)
  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


きょうは何をしようか

と選べることは

なんという豊かさでしょうか


なんにもない豊かさに気づけたら

いつでも幸せでいられます 


なんにもないと言っている今が

完全に与えられている今だからです












時間に追われることなく

やりたいことをチョイスできる毎日を

自分にあげる用意はできた?










物事は一瞬にして起こります

起きたことにだけ目を向けて
そのことを裁きがちですが
それを起こしたその時は 一瞬です

それが タイミングと流れで
予想外の展開に至ったりもします

物事が起きるのは一瞬です

本当に苦しいのは
その前と そのあとです

私が痛ましいと思うのは
そこにたどりつくまでの 
その人の悲しみと孤独です

そして 
一瞬のあとの 永い後悔です










いい季節です♪

外に出て
空を見ましょう

雲をながめて
風を感じましょう

お日さまの光を
身体に受け取りましょう

鼻から息を吸い
口から吐き出しましょう

呼吸をしている身体を
あじわいましょう

まわりのひとつひとつに
目を止めて しっかり見ましょう

生きている
ここにいることを
毎日 確認しましょう

感謝して
暮らしましょう♪







昨日 家に帰ったら
ポストに小包が届いていた

開けてみて
わぁ~

20年近く前 変化の真っ最中の私の前に
なぜか「役目です」と言って
私の子供たちと同年齢の 悩み多き年頃の
あの頃 京大の法科に籍をおく学生さんが現れて
私を神社に届けるために何年か走ってくれた時代があった

突き動かされたように走った道を
地図に青マジックでなぞって
送ってくれたのでした

こんなに~⁉と驚いて電話をしてみたら
話しているうちに あそこもここも抜けてるね~と
また書き足してくれることになった
二度も三度も行ったところもあったなぁ 

ナビもない車で
どこに行くのかわからないまま
彼のカンだけで 知らない土地を 山のなかを
走りまわった記憶がよみがえってきて
なつかしさでいっぱいになった

だから最初 私は彼のことを「カンナビさん」と呼んだ

なにしろ 彼が住んでいた京都の鞍馬山から
私のところの富士山のふもとまで
二時間半で飛んでくる人だったから

あるときは神戸からカーフェリーに乗って
九州~出雲~富士山まで 3000kmを一気に飛んだり

「来月から発掘調査にかかるのに どうしてここを知りましたか?」
と驚かれたのは 地図にもない古代の神社跡だった・・あそこはどこだったの?

あるときはハンドルが右にしか回らなくなったり
突然泣きながら山道に入っていったり
彼の「呼ばれてます」に従って
私は助手席でほとんど「食っちゃ寝」状態

「着きました」で目を覚まし
「ここはどこ?」がふつうの会話

走っている途中で目を覚まし(たいていお腹がすくか のどが乾くかで)
「どこにいくの?」と聞くと
「いま北北東に向かっています。もうじきもう少し広い道路に出るはずですから、そしたら北に向かいます。そして・・・」
だいたいそのあたりで 私はまた睡魔に引き込まれて意識を失っています・・
「アホな顔してよく寝てたよね~」と ずいぶん言われたなぁ

そういえば彼は神社に着いても
車のそばでタバコを吸って待っている人で
「お参りしないの?」と聞くと
「連れてくるのが役目ですから」と答えていた

私がひどい食あたりで熱と痙攣のあと
8日間完全絶食でも旅を続け
「神社に着けば階段を駆け上がる人だから」と
400段を駆け上がっていく私をながめながら
下で待っているのでした

地図を見ていたら いろんなことを思い出して
それとともにその時の感覚や
その場所の波動や気配がよみがえってきて
まるで 今またもういちど神社めぐりをしているよう

あそこでイルカウォッチングしたよね
すごいヨットに乗せてもらったよね
海底遺跡も特別船だったね~
昔の話で盛り上がって楽しかった~

いつからか私によって呼び名が「カンナビ」から「カミナビ」に昇格した彼は
その後 若者の悩みをくぐり抜け
「これからは 人が人を裁く時代じゃない」といって法科をやめて
今は青森でお母様と暮らし
悩み多き若者と向き合う塾の先生になっているようです

うれしいプレゼントでした❤♪

驚いたことに
彼は私に出会うちょっと前に免許をとって
中古の車を買ったところだったそうな

免許 取り立て・・・
それを知らなくてよかった(^w^)

あの時期 彼の出現をふくめて
私の人生の後半におきた「不思議な話」のひとつに入るのかもしれないな
私の自分史では 欠かすことのできないサポーターの中の大切な一人です







ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.