カレンダー
06 2020/07 08
S M T W T F S
1 3 4
5 6 7 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  最新記事
  月別記事(直近3ヶ月)
  リンク








  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


大雨が続きます
皆さん ご無事でしょうか?

九州の皆様には長くお世話になりました
福岡も 鹿児島も
熊本も 長崎も・・・
皆さん ご無事でしょうか?

熊本県人吉市にお訪ねしたことのあるあのお家は
床上浸水して2階に暮らしているけれど
お母様も妹さんもご無事だと・・・

安堵しながら お見舞い申し上げます


たくさんの方のお顔を思い浮かべては
祈っています

身体は 借りもの
いのちは 預かりもの

どうぞ しっかりお守りください












モリスでの初めての展示会が終わりました

まるで森の中で
木々を渡る風が身体をすり抜けていくような
癒やしの時間でした



遠くから来てくださった皆さま
何度も足を運んでくださった皆さま
どうしても時間が取れなくて
毎日心を寄せていてくださった皆さま
ありがとうございました

時間をやりくりして
毎日ローテーションで
お手伝いに来てくれた仲間たち

最終日の昨日
展示品を自宅に戻すのに
何日がかりになることかと覚悟していたのに
仲間たちがみんなで 
昨日のうちにあっという間に
私の家に運び入れてくれました

どなたが欠けても成立しなかったこの展示会

皆さま
本当にありがとうございました❤

まだ 夢さめやらぬまま・・・

愛と感謝をこめて






生きているだけで
愛されている…

こどもが生きていてくれるだけで
ありがたい

自分が生かされているだけで
ありがたい

わたしも  いつも
そう思っています

いま 私たちみんなに必要なので
face bookのお友達に教えていただいたこの記事を
ご紹介させていただきます

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あずさからのメッセージ」

十数年前、障がいのある子がいじめに遭い、
多数の子から殴ったり蹴られたりして
亡くなるという痛ましい事件が起きました。

それを知った時、私は障がい児を持った親として、
また一人の教員として
伝えていかなくてはならないことがあると強く感じました。

そして平成十四年に、
担任する小学五年生の学級で
初めて行ったのが「あずさからのメッセージ」という授業です。

梓は私の第三子でダウン症児として生まれました。
梓が大きくなっていくまでの過程を
子供たちへの質問も交えながら話していったところ、
ぜひ自分たちにも見せてほしいと
保護者から授業参観の要望がありました。

以降、他の学級や学校などにもどんどん広まっていき、
現在までに福岡市内六十校以上で
出前授業や講演会をする機会をいただきました。

梓が生まれたのは平成八年のことです。
私たち夫婦はもともと障がい児施設で
ボランティアをしていたことから、
我が子がダウン症であるという現実も
割に早く受け止めることができました。

迷ったのは上の二人の子たちに
どう知らせるかということです。

私は梓と息子、娘と四人でお風呂に入りながら
「梓はダウン症で、これから先もずっと自分の名前も書けないかもしれない」
と伝えました。

息子は黙って梓の顔を見つめていましたが、
しばらくしてこんなことを言いました。

さあ、なんと言ったでしょう?

(続きはこちら↓をごらんください)

「ゆめこのひとりごと」2013.06.25
http://blog.yumekosan.com/Entry/629/




6月16日 火曜日
モリスでの原画展
開催4日目



ようやく雨が上がり
この3日間
梅雨の足元が悪い中を
たくさんの方に来ていただいて

今回初の展示「えなじーこらぼ」として出展した
西澤圭子さんとの糸掛け曼荼羅ペンダントが
飛ぶように皆さまの手に渡っていくのに
とても驚いています

ありがとうございます

きょうは窓という窓 入口も出口も
全部 全開にして・・・

まるで 風が吹き渡る
静かな森の中に座っているみたい

木々の間を
風と Enyaの曲が
流れていきます・・・



静かです・・・

幸せです・・・
     





「Yさんへの返信」
   
♪気がつけば 気がつけば 
 奇跡だらけの
 感謝だらけの
 幸せだらけの毎日~♪
  

人生が「思っている」通りになっていることに気がつかないのは 
もったいないです
   

誰かのせいにしているのは
もったいないです
   

誰かを変えようと思っている時間は
もったいないです
   

現実は自分が思っている(ラベルを貼っている)通りにできています
   

この人は 私を理解しない人
この人は 私を嫌っている
この人は 信用できない人・・・
   

みんな自分がキャスティングしています
脚本も自分が書き 配役も決め 監督も主役も自分です
自作自演の舞台を また自分が観客にもなって批判するのです
  

ね?!自分を大好きで生きないのは 
もったいないでしょう?
嫌いな自分には ろくな台本を書きません
   

人生は ほんとは一人芝居なのですよ
みんな 劇団ひとりです(*^^*)





ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.