カレンダー
03 2020/04 05
S M T W T F S
3 4
7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  月別記事(直近3ヶ月)
  リンク








  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


2011年3月11日 あの日
被災直後の避難所から私に送られてきた
友人のメールを再シェアします

「今日は3月にはありえない冷え込みで
  外はアイスバーンです。
 この冬いちばんの冷え込みかもしれないと思うほど。
 外にはツララがあります。
 これは原子炉を冷やすためのものだと感じています。
 見えない大きな力が私たちを守っています。

 仙台は 東北は 日本は 世界は いま 
 破壊と再生のプロセスに入ったのだと思います。

 ひとつ分かることは「大丈夫」だということです。」


彼女もまた渦中にありながら
祈りの中にあると感じて感動しました

旅先からこのメールを公開して
「みなさん 祈ってください」とお願いした日が
昨日のことのように思い出されます


今年の3月 世界はコロナの不安と心配の中にありますが
今またこのメールに勇気づけられています








月はわたしの原点でもあり
観音は月のはたらきのようにも思えます

月は 毎日姿を変えながら
許し 受け入れ
支え はげまし
伸ばし 信じて待ち 
いつも 静かに そっと見守る・・・

観音は 音を観る
音とは 衆生のありさまのすべて
観るとは 裁かずに 
そのままを受けとること

気づいていても いなくても
わたしたちは いつも
信じて待たれ 
そのままを受け入れられています

いつもわたしたちにふりそそがれている
慈しみの光があることを
月が 見えるかたちで
おしえてくれているように思います 


(2019.03.20)




昨夜 若いお友達に
「人生まだまだ どんな自分と出会えるかわからないから。
私は50歳近くになって突然絵をかくひとになったし、60歳でCDデビューしたし・・(*´艸`*)」と話していたら
今朝 お友達のセンケーさんが You Tubeにその60歳のCDをUPしてくれていました
(宇宙にいつも見られて聞かれていますね)

あの日 生まれてはじめて
スタジオというところのマイクの前に立って
練習もなくいきなり歌いだしたら どっと涙があふれてきて
泣きながら歌ったのをまた思い出して胸がつまります

今は恥ずかしさで胸がつまりますが
私の人生の感謝の記録です・・・

作曲・演奏は 穴澤雄介さん
このCDの1曲目「気がつけば」では
歌も歌ってくださいました
すばらしい方です
    

皆さんも ご自分を限定しないで
たくさんの自分に出会ってくださいね

想像もしていなかったあなたが
この先に待っています❤


You Tube「ゆめこのひとりごと」~ありがとうの唄~
https://www.youtube.com/watch?v=ZmM3XY0qZWE







きのう私たちも祈りました
コロナウィルスに 光を

心配と怖れ 犯人探しや疑心暗鬼・・・
それが外に映し出されています

自分の中の 
自分に許されていない部分

自分に責められている部分に 愛と許しを

悪役を演じている人や出来事に 光を
 
愛 光が足りないところを闇とよんでいるのだから

光が足りないところに 愛を

ひたすらに 愛を







今日の富士山



玄関を開けると

いつも ここに

ずっと ここに












ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.