カレンダー
09 2019/10 11
S M T W T F S
2 3 4 5
6 9 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


「ゆめこさん いい風 吹かせとぉねぇ~。
 変化の前には 風が吹くんよ・・・・・。」

と言って 筆をとり
ご自分の本に 風の中を行く托鉢僧と
「風」という一文字を書いて 私に下さった 

それが 明海和尚との最後だった

「自分にはもう時間がなかけん、
 ゆめこさんには まだ時間がある。
 まだ やれる。」

「私は67までと思っていますが。」

「いや、まだ仕事が終わらんじゃろう。」

「では75ではどうでしょう。」

「まだ 終わらんじゃろう。」

「では 80まで居りますか。」

「う~ん・・・・。」

と 首をかしげられた日からしばらくして
和尚は ご自分の言葉通りに還られた


私は来月 おかげさまで70歳となり
どうやら定年まで あと10年ほどらしい

1年がこれほど短いのだから
これからの10年は あっというま

さて 毎日の仕事に 
さらに こころをこめよう

どこで切られても 切り口に
「ありがとう」が出てくる「ありがとう金太郎飴」のように
生きて行きたい


子供の頃 祖母がよく言っていた
「風が吹いてきたから 天気が変わるぞ。
 傘を持っていけ。」

今日のように 風の強い日は
祖母の言葉と 明海和尚の言葉を
重ねて思い出します






















(Mさんへの再返信より)

私の返信で
泣いてくれてありがとう。

ありがとう、 って言ってくれてありがとう。

私のまんまでいていい、って言ってくれてありがとう。


悲しみや涙を経験した人は、
ますますやさしくなって、
他の人の悲しみに寄り添えるようになって、
癒やしの人になっていくなぁ、といつも実感します。


泣いたことのある人の前では、
泣くことができます。

くじけたことのある人の前では、
くじけている姿をさらけだすことができます。

がんばれない!ってわめいたことのある人の前では、
泣きわめくことができます。

それらを自分にも他人にも
許すことができるからです。


Mちゃんも、泣くことを許して、
これからの役割に必要な経験をしているなぁ。

あなたを泣かせた〇〇さんにも△△さんにも、
私は感謝しています。


Mちゃん、ありがとうね❤
この経験は苦しいけれど、
あなたの魂はこの経験だけが足りなくて、
この人生にそのシナリオを入れたんだね。

みんなそのためにあなたの人生に登場しているよ。
あなたを苦しめたい、泣かせたい魂なんかいない。

あなたの涙を浴びる覚悟で、
あなたの人生に合わせてこの時期に生まれてきた。
その一生をかけて、
あなたにその体験をさせにきた。


あなたは
愛にしか出会っていないよ。










小さな鉢の中で

冬の寒さに耐えて

こうして蕾をつけてくれる喜び・・・


あなたが冬の寒さに堪えているとき

私はあなたの命の力を信じて

春の訪れを待っています








今日は ドライカレーの気分♪
これは 私の気分



あるお話会で年配の女性から
「うちの主人は 私が作ったものをおいしい!って言わないんです。
 ときにはせっかく作ったものを食べないで、インスタントラーメンを食べたりするんですよ。どう思います?!」

私はアハハと笑ってしまって
「だって それはあなたが食べたいものでしょ?」

と言ったら あんぐり口を開けて「ああ~」と・・

「自分で作らないご主人は、たいていあなたの食べたいものにつきあわされているのよね。
 食べたいものを食べているあなたほど感動しなくても無理ないわね~。
 もしかしたらそのメニューは、ランチに食べていたかもしれないでしょ。

 たまには新婚の時みたいに、今だったらメールで
 『今夜は何を食べたいですか?』って聞いてあげて。
 リクエストしたものを食べる口になって帰ってくるわよ。
 期待が高まれば高まるほど、美味しく感じられるの。」

それは気が付かなかった!・・と帰っていった彼女
次に会ったときに こう言いました

「うちの主人は 何が食べたいの?と聞くと、なんでもいいっていうの。
 だからやっぱり私が食べたいものを作っちゃってます♪
 それにね 主人に食べたいものを聞いても、
 私が食べたくなかったら 違うおかず作っちゃうから・・あはは。」

あ それじゃあ「なんでもいいよ」っていうはずだわね~

でも 「これは私が食べたいものだ」という自覚があるだけでいいとしよう♪
もう おいしいって言ってくれなくても気にならなくなったようだから(*^^*)


で ドライカレーはまだテーブルの上に乗っています
さっき 息子が食べたのは ゆうべの豚丼

彼は 自分が今食べたい方を選んでいるのです♪
これしかなかったら お腹が空いていたら食べますが
そうでないときは食べません
選ぶ自由と 食べない自由

選んで食べられるのは しあわせですね~

さて 私はこれから
ドライカレーと冷たいお茶でランチです♪










青い種は 青い花を

赤い種は 赤い花を


あなたは ちゃんと

あなたの花を咲かせている


「これじゃあダメだ」を

やめにしませんか?






ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.