カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
2
3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 15 16
17 18 19 20 22 23
24 25 26 27 30
31
  月別記事(直近3ヶ月)
  リンク








  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


起きてみたら
テーブルの上に
ゆうべの息子の食事が
手つかずに乗っている

調子がよくないのかな

と思っていたら息子がやってきて
箸をとった

せめてなにか温めてあげたいと思って
おかずを一つ茶碗に残して
レンジに走った・・・つもりが・・・・

割烹着のポケットが茶箪笥の取っ手にひっかかって
コマ撮りの動画みたいにゆっくりと
・・歌舞伎役者みたいだ・・なんて思いながら・・
ひっくり返ったのがおかしくて・・・

同時に 他の取っ手にぶつけた頭が痛いぞと思いつつ・・・

それよりも そこを息子が「う、う、う、う・・」といいながら
私の頭に手を伸ばして撫でてくれていることに
胸がいっぱいになって 泣けた・・・

支え合っていたんだなぁ・・・

息子は食事をやめて行ってしまったけれど
親が歳をとってしまった・・と傷ついてはいないかと
でっかいハンバーガーを作って持っていった

「あったかいコーヒーをいれようか?」
うん とうなずいてくれるだけで
それだけでじゅうぶん❤


あ たんこぶができましたが
絶壁あたまにはちょうどいいかも♪ な

今朝のしあわせでした (*^^*)












今夜は星がきれいです
冬の星座がはっきり見えます

楽しい人も さびしい人も
あたたかくして 空を見て

またたいているあの星は
もうそこには ないかもしれない

そこに無いものを見て きれいと思ったり
そこに無いことを考えて 悩んだり

この時空の中の感情は
想像と幻想と幻覚の世界・・・

星を見ていると
そんなことを思うのよね

風邪 ひかないでね






(2015.02.02)

このところのニュースは、
本当に胸が痛みますね。

でも 落ち着いて下さい。

あなたの心を 平和にしていてくださいね。

不安と心配と恐怖で地球をいっぱいにするのはやめましょう。

いま この状態で、
人類が何を選択するかが 問われています。

ますます分離していくのか、
これを機に 
つながることができなかった国や宗教や人種がつながっていくのか・・・。

愛か 恐れか・・・。

「恐れ」は、 心配し 疑い 急ぎ たくわえ 逃げ 戦います。

「愛」は、 安心し 信じて 待ち わかちあい 受け入れます。

わたしたちひとりひとりが、
集合意識の一部として、この世界を創っていることを
自覚する時が来ています。

日々の生活を、
思いと、言葉と、行動で、
常に 愛か恐れを選択していることに、
気づく必要があります。

本当に止めたいものと同じエネルギーで対処しようとすれば、
止めたいものに さらにエネルギーを加えることになるでしょう。

「あなたは 間違っている!」
これが 戦いのエネルギーです。

そうやってこれまで、戦いを大きくし、長引かせてきたことを、
私たちは理解する必要があります。

家族と 友人と 自分とは違う選択をする人々と、
歩み寄り 話し 理解しようという気持ち。

たいせつなものを護るために、
私たちはどれほど戦い続けてきたことでしょう。

そうするしかない人生を、
どれだけくりかえしてきたことでしょうか。


先日、菩提寺に伺った折、住職が、
「今のこの世界の危険な状態を、どのように考えますか?」
と話しかけてこられました。

私は、
「私が私の中で、他を批判したり、裁いたり、
 あるいは自分を責めたりして闘うのをやめなければ、
 私は世界の平和をみることはできないでしょう。
 この世界の状態は、闘い続けてきた私の怖れが創ったのですから。」
とお答えしました。

外側に見える世界は、
内側の投影、鏡です。

内側の不安や怖れは、
世界に不安や怖れの出来事を創ります。

世界に不安なニュースを見る時、
私の内側に不安があることに気づきます。

相手が笑ってくれたら、私も笑うのにと考えていたら、
永久に笑うことはないでしょう。
決して鏡からは笑いません。

世界の平和は、
自分の内側を静め、調和し、
平安な状態にすることで もたらされます。

私たちひとりひとりが、
集合意識の一部として、
常に 世界のニュースのすべてに加担関与しています。



ところで、きょうなつかしい写真が出てきました。
だいぶ前に、金沢に来られたアーヴィン・ラズロ博士と
友人のおかげでお会いできて、握手していただいている1枚の写真・・。

(続きは下記のブログからごらんください。)
        
     
「ゆめこのひとりごと」2015.02.02
http://blog.yumekosan.com/Entry/825/





ある方の日記でのやりとりです

探しものをしていたら これが目に止まりました

10年前のやりとりですが 昨日のことのようです


(このブログ2010.04.28の「般若心経」より抜粋)


・・・・・・・・・・・

~「今のままでいい」ということについて~

最近 ゆめこさんがよく使う言葉です。

先日の「般若心経」の日記にも
コメントを寄せてくださっています。

こころに響く言葉なので
コメントのままにするのがもったいない。

と言う事で 日記にしました。


‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥

(日記へのコメント1 )

般若心経 ありがとうございます
よくわからないところが大好きです (*´∇`*)

本当のことは 
見えなくて 語れなくて


なにも無いのと すべてあるのは 同じ事

わたしとあなたは ひとつのもの

ここと あそこも 同じとこ

過去も 未来も 今の中

体があっても なくても 永遠に存在する

わたし以外のものは なにもない・・・



これをわかるために
長い輪廻転生を歩いてきたのでしょうね

さらに言えば
もともとわかっているのに
「わからない」ということを
体験しにきたのでしょうね

だから
今のまんまで いいんです v(*´∇`*)(ゆめこ)



(コメント2 )

わからないから
感情が動く
それが 生まれてきた醍醐味


わからないので
わかるということが体験できる

お腹がすくということがなければ
食べる楽しみもない

無いものがない状態では
有るということが体験できない

分離しているから
統合を体験できる

闇がなければ 
光もない

二極の体験は
望むものと 望まないものが
セットになってる

みんなみんな 必要なもの

光でない役割をする光がある
本質は ひとつ 光

そんなふうに 今は思っています(ゆめこ)


‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥

このコメントを入れていただいた後、
ゆめこさんとメールでやりとりをしました。

「今のままでいい」

この言葉が 今この時に限定されないと
今の状態を維持すると
誤解されかねないということを言いました。

それに対しての返事です。


‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥


みんな進化成長の過程にあるので
変化しない人はいないのね

変化しようと思っても思わなくても
同じところには留まれません

[変化している今]をゆるゆると流れているだけで
このままで変化しています

あらゆる感情をあじわうことが
生まれてきた醍醐味と目的であるならば

今あじわっていることこそ
完璧なシナリオの一場面

すべてを感謝に変えていく人生のオセロゲームは
白と黒のコマ 両方が必要

すべてを必要なものと受け取り
今の環境 今の体 今の人間関係が
成長のために自分自身が用意した舞台セットだとしたら

今の私が今の環境でしっかり味わい手放していくだけ

それが[今のままでいい]ということ

[今のままでいい]という言葉は
両刃の刃のように
聞く人ごとに違う受け取り方をされるでしょう

それもまた それぞれの過程において
みんな正しいのです (ゆめこ)


‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥‥ ☆ ‥


いつも ゆめこさんは 真摯に
私の問に答えてくださいます。

言葉は受け取り方によって、
自分に都合の良い方向で
それぞれが 受け取ります。


でも その受け取り方も
時間が経過すれば 
また 変わります。

変わること、変化することが
成長するということで、
変化しないでいようとすれば
それは抵抗でしか ありません。


だから ゆめこさんの言う
「今のままでいい」
は、変化しつづける状態で良い。

ゆるゆるでも、まったりでも、
急上昇でも、猛スピードでも。

常に あらゆるモノは変化しつづけるのだから。


いつも素晴らしい言葉を
ありがとうございます。

感謝です。



(ゆめこ追記)
お釈迦様の言葉の中に

「今のご主人が 今のあなたにちょうどいい
 今の家族が 今のあなたにちょうどいい
 今の上司が 今のあなたにちょうどいい」
というものがあります

これが 
「今のままでいい このままで完璧にうまくいっている」
ということなのかもしれません
それは 「成長のための体験」として完璧だということ

みんな うまくいっている!!

感謝 合掌 







みんな それぞれの役割が違う

違う役割同士が相手を尊重し
補い合いながら生きていくこと

それが人類の発展

これからの地球のために
これからの人類の選択の一端を担うために
そのために彼らは来ている

いろいろな感じ方があり
いろいろな表現の仕方がある
それをどれだけ受け入れられるかが
進化の度合いではないだろうか

「みんなで渡れば怖くない時代」から
「みんな違っているから調和している時代」への
導き手としての彼らの存在に
そして彼らを受け入れて
進化の先頭に立っているそのご両親へ
私は敬意と感謝を送ります

(文中より)
社会的周縁に存在し、自然界の中で自分たちがどう生きていくかに思いを巡らす人物と、集団・社会内で互いの利益を調整し、どう上手くやっていくかに思いを巡らす人物がいる——前者こそが自閉症者であることは、改めて指摘するまでもないだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・

「自閉症スペクトラムと呼ばれているような障害は、実は障害ではない。生物としての人類のバリエーション(変異)の一つである。」
https://web-opinions.jp/posts/detail/274?fbclid=IwAR3f0ejkQqITVX40vFiknjltNlExAxv7qFBNDEGA76xnz5cJypUY5KpbQhM





ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.