カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 3 4 6
7 8 9 10 11 12 13
14 16 17 19 20
22 23 25 26
28 29 30 31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


ほぼ 13年寝ている息子の部屋に
「コーヒー入りましたよ~ん♪」
と入って行ったら 
ふとんの中の 眉毛がぴくり

「だいすきだからね」
と おでこと腕をなでなでしたら

「ありがとう」
と言葉が返ってきた ('_')!

この気持ちは
彼が健康な時には 
あじわえなかったもの

お金持ちになることや
病気を治すことは むずかしくても
しあわせでいることは
誰にでもできる

そういう中だからこそ
ささいなことでも しあわせだから
他のひとよりもたくさん
しあわせを見つけられる

さわったら あたたかいだけで
目を合わせてくれただけで
食事に起きてきただけで
トイレに入っただけで
うれしい ありがたいと思う

3日まえには 
両手がふさがっている私のために
何年ぶりかに ドアを開けてくれたよ (^v^)

そんなことが 
誰よりもしあわせだと感じられるのは
彼の病気のおかげです













花は ただ 咲いているだけ
私は ただ ここにいるだけ

あらゆるものは
見た人がどう感じるか だけで

そのものには
美しいとか こう見られたいとか
良いとか悪いとか
比べるとかということは 
ないみたい

それが そのように見えるのは
そのように見える自分に気づくため

さびしそうに見えたり
がんばっているように見えたり

しあわせそうに見えたり
けなげに見えたりして

花をとおして
自分の気持ちを見てるだけ

いつだったか
そんなことを
花から聞いたよ





「僕が生まれた時のこと」
この歌は 「父母恩重経」をもとにつくられたそうです

http://www.youtube.com/watch?v=bK1nHsZlul0&sns=fb


「仏説・父母恩重経」
私は17歳の時 このお経に出会いました

一晩寝ずに 泣きながらこのお経を写しました
障子紙に筆で書き 
お菓子の箱を切って表紙にしたそのお経本は
いつのまにか私の手元から消えて
どういうわけか 何十年もたってから
3歳で別れた母が亡くなったときに
母の家の仏壇から出てきたといって
私の手に戻ってきました
写した日付けと名前が書いてあったからです

両親との生活の記憶がほとんどない17歳の私が
どんな思いでこれを写したのか
それを母がどんな思いで 手にして読んだのか・・・

17歳 私が死のうと考えるのをやめた年です


ネットで原文を読んでみてください

「仏説・父母恩重経」全巻 (17歳の私が読み写したのはこちらです)
http://www.riksys.com/nyumon/az/bumo_zen.html

「仏説・父母恩重経」現代語訳
http://www.geocities.jp/kubota2511/sub3.html







the 花 ・・・・



夢のような  
はな・花・華・・・



ある日の花との対話

私「あなた方は、喜びの表現でしょう?」

花「あなた方の心を映しています。 
  喜びの心には 喜びとして。
  悲しみの心には 悲しみとして。」



私「どうしてたくさんの色があるの?」

花「あなた方が 望んだから。」










emoji02月18日(土)静岡県富士市  18:00~

  * この日は原画展の期間中なので 13:00以降開場しています
    早めにいらして ゆっくり原画のエネルギーを楽しんでください♪  

    ドキュメンタリー映画「宇宙(そら)の約束」
        ~いのちが紡ぐ愛の詩~    
 
     ~うれしい時も悲しい時も、宇宙は私を愛してくれる~



加津子さんが子どもの頃から不思議に思っていたのは、どうしてこんなにもすべてがうまくいっているのか、ということだった。この映画の撮影中に加津子さんは父を亡くす。その体験を通していっそう、いのちに向き合う日々。加津子さんへのインタビューを中心に、いのちの不思議を探っていく。生きるとは何か、死とは何か、宇宙の秘密にせまる。

     私とあなた 広い宇宙の中で長い時間の中で
     出会えたのは"約束"だから
     かっこちゃん(山元加津子さん)とともに
     "いのち"の不思議を探る旅にでかけませんか?
 
 ・予告編はこちらから 

 ・映画HPこちら

 ・かっこちゃんの心訳「般若心経」はこちら

 ・挿入歌 「満天の星」~みんなが幸せでありますように~はこちらから
    あなたが痛いと私も痛い あなたが淋しいと私も淋しい 
    あなたがうれしいと私もうれしい あなたと私 みんなでひとつの命を生きているから
    みんなが幸せでいられますようにの気持ちを込めて
    (大好きな歌です。ぜひ聴いてください。
     かっこちゃんの娘さんとそのお友だちが歌っています。)

  ・時間 18:00~19:36 上映

  ・会場 Space はぴここ 
       〒417-0011 静岡県富士市鈴川本町3-6 ギフトプラザ ダイトー2F
               (JR東海道線吉原駅北口より徒歩3分)
             電話 090-2343-8494 菊池さん
       (駐車場) 会場の裏側に2か所と向かいに1か所 
             いずれもコイン駐車場です(1日400~500円)
 
  ・参加費 2000円

  ・お申込み 下記にメールかお電話をください
       (メール) event*yumekosan.com
            (*を@に換えて送信してください)
       (電話)  090-2343-8494 菊池さん

        *お申し込みの際は 
          ①人数 ②小学生幼児の人数 
          ③代表者のお名前と連絡先を明記してください


  ・主催 Space はぴここ  菊池さん


     お知らせ
         はぴここ5周年記念イベント!
         【山元加津子さん講演会】 9/30(土) 
        *この秋 かっこちゃんが はぴここに来てくれま~す!!










ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.