カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 9 10 11
12 17
19 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  リンク








  最新記事
    9月の予定
(08/20)
    夕暮れ
(08/20)
    面白い
(08/20)
(08/18)
(08/16)
    道の途中
(08/15)
(08/15)
  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


(渡辺 和子「目に見えないけれど 大切なもの」より)

「美しい死」

美しい死で思い出すのは
マザーテレサのことである。

ある男性が
「ひとつ腑に落ちないことがある」
と質問した。

「あなたのところでは、医薬品も人でも不足がち
だというのに、なぜ貴重なものを生きる見込みのある
人々にではなく、与えたところで死ぬに決まっている
瀕死の人々に与えるのですか」。

言外には、「無駄ではないか」という
素朴な疑問があったと思う。

マザーの答えは、はっきりしていた。

「私たちの『死を待つ人の家』に連れてこられる人々は
路上で死にかけているホームレスの人々です。

彼らは私たちの『家』で、生まれてから一度も
与えられたこともない薬を飲ませてもらい、

受けたことのない優しく、温かい手当てを受けた後、
数時間後、人によっては数日後に死んでゆきます。

その時に彼らは例外なく『ありがとう』といって
死ぬのですよ。」

マザーがいいたかったのは、望まれないで生まれ、
人々から邪魔者扱いされ、生きていてもいなくても同じ
という思いで数十年生きてきた人々。

自分を生んだ親を憎み、冷たい世間を恨み、
助けの手をさしのべてくれなかった神仏さえも

呪って死んでもいいような人々が、
「ありがとう」と、いまわの際に感謝して死んでゆく。

そのために使われる薬も人手も、これ以上尊い使われ方は
ないのではないか、ということだった。

話し終えたマザーは、感にたえたように

"It is so beautiful." 
(それは本当に美しい光景です)

と呟き、その後で静かに

「人間生きることも大切ですが、死ぬこと、
それもよく死ぬことは、とても大切なことです」

といわれたのであった。

通訳をしていた私は、あの異臭の漂い、蝿の飛び交う
粗末な建物の中での"美しい死"、

惨めな一生の最後に"尊厳"を身にまとって死んでゆく
人々の姿を教えられた思いであった。


・・・・・・・・・・・・・・・



わたしのCDの「ありがとうの唄」の歌詞の中に
♪ありがとうと言わせてくれて ありがとうです♪
という一節があります

大変だった職場を去る時や
自分につらくあたった人との別れの時や
厳しい人生を終えるときに
もしも「ありがとう」と言えたなら
この体験の学びは満点ですね

「ありがとう」と言えた時の喜びは
言われた側よりも大きいでしょう

そして「ありがとう」と言わせてくれた相手への感謝は
たとえようもなく自分を幸せにします


人生はオセロゲームのよう
生まれてきたときは 
何も無く しかもすべてが有る白

人生の途中にどんな色があろうとも
最期が「ありがとう」の白だったら
この人生は 全部白にひっくりかえるのです

この障害物だらけの人生を
どうやって「ありがとう」にしていくか・・
そんなゲームに みんな挑戦中

~人生は 感謝に至る道~








毎日 楽しいことや
美しいものに見とれているうちに
リトリート(6/5~6)が近づいていました

次回はぜひ10月に!というオファーもいただいていますのに
今回は お仕事や予定が重なっている日にちだったようで
実はまだ定員に達していません

次回があるとしても 
星野リゾートリゾナーレ熱海で開催できるかどうかわかりませんので 
迷っていらっしゃる方も ぜひ今回ご一緒してください

詳しくはこちらをご覧ください

http://blog.yumekosan.com/Entry/1534/


(5/23追記)
おかげさまで あとお二人になりました

ありがとうございますemoji





テレビで

体操競技や

フィギアスケートを観ていたら



難易度の高い技が

ポイントが高い



人生も同じだなぁ




わたしも少しだけ

高得点を狙ったから

ちょっとだけ大変だったような気がするけど


それがみんな 幸せ感度を高くして

幸せのハードルを下げてくれた




足元の花を見ても感動して

ちょっとのことにも

幸せでたまらない気持ちになる



いただいたポイントは 大きいなぁ


金メダルだな (^^)


・・なんて思えることが

メダルの副賞だな♪
















三鷹市の沙羅舎のお話し会が急きょ決まりました♪
時間もいつもとは違う変則です ご注意ください!

今回はランチはお話し会の後 それぞれ1Fの心泉茶苑で♪
わたしも終わり次第 おいかけます(^^)♪


そのあと 沙羅舎の「いのちの学校」で
スワミ・メダサーナンダ師の講話をうかがいます
よかったらこちらもご一緒しませんか?
そのあとお食事会もあるようです(^^♪


【お話し会】お時間ご注意ください!

・5月27日(日) 東京都三鷹市 11:00~

    ・11:00~ ゆめこさんのお話会 3500円
          16:00からのスワミ・メダサーナンダ師の講話の前なので
          どんなお話し会になるのか 私もちょっとワクワクします♪

    ・ご希望があれば「今、あなたに必要なエネルギーの絵」を描く個人セッション
         おひとり10分位 ¥5,000 (はがき大 原画付き)
         今回は14:00終了なので5人位までになると思います

    ・場所  沙羅舎 2F奥の和室  http://www.sarasya.com/
         東京都三鷹市下連雀3-1-24  tel/fax 0422-41-8617
    (アクセス)JR中央線 三鷹駅南口から徒歩 6分
              http://www.sarasya.com/pg38.html

    ・お申し込み  
      メール event*yumekosan.com (*を@にかえて送信してください)




【沙羅舎 いのちの学校】

(沙羅舎のイベントからコピー転載)https://www.facebook.com/events/225926057962845/
5月のイベント「いのちの学校」は
講師にスワーミー・メダサーナンダ師をお迎えしての講話です。

「私は誰ですか?」~インドの教えから語る~

私たちは何者なのか? 何の為に生を与えられたのか?
笑い泣き腹を立て悩み苦しみの多い人生。
何も知らないで過ごし、出来事にただ反応する。
それが又、自分の意に反した結果を生んだりして悩ませる。
私が誰かが分かればそのような事が軽減されるに違いない。
幸せや平和もこれがkeyになるはずだと思う。

【日時】5/27(日) 開場 15:30 講演 16:00~18:00
【料金】¥2,000(食事会参加 +¥2,500)
【場所】沙羅舎 2F 和室
【アクセス】
JR三鷹駅南口から井の頭公園方面へ玉川上水沿いに徒歩5分

▼Google Maps
https://goo.gl/maps/ypyyEPXMCzH2

【予約・申込】
TEL 0422-41-8617(代表・心泉茶苑)
MAIL info@sarasya.com

【講師プロフィール】
スワーミー・メダサーナンダ師
1946年インドベンガル生まれ。1973年にラーマクリシュナ・ミッションの出家僧となり、 12年間インドの本部直系の大学学長を務め、1993年来日。 神奈川県逗子市にある日本ヴェーダーンタ協会の会長に就任。 インドの普遍的福音に関する講演や、協会の出版活動を指導している。 著書『スワーミー・ヴィヴェーカーナンダと日本』







走れなくなったら 
歩いていいとき

手が届かなくなったら
お願いしていいとき

見えにくくなったら 
安心していいとき

忘れんぼうになったら
気をゆるめていいとき

ゆっくり息して
ゆっくり話し

ゆっくり歩いて
ゆっくり食べる

みんなみんな

ゆるしていいとき








ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.