カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 11
12 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
  リンク








  最新記事
  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


4月の半ばに5月の予定を書いています
2019年の1/3が終わろうとしていて
平成の最後の月が終わろうとしています
感慨深い今日を過ごしています

この30年 世界もこの国も変わりました
この30年 私もとてつもなく変わりました

昭和の私は いつもなにかに追われて 
心配と不安に飲み込まれて
七転八倒を味わっていました

自分への恨みと 自分への嘲笑
それが生む現実に おぼれかけていました

平らに成る「平成」
バランスをとるために 隠れていたものが明るみに出てきて
それは癖だったり 病気だったり 本性だったり・・・

それらをすべてそれでよしと許して 受け入れて
ようやく日々の出来事を自在なズームで俯瞰して見られるようになったのは
まったくもって 平成の恩恵によるものでした

この30年という 時と 体験と すべての登場人物に
深く感謝と愛を捧げて

新しい「令和」という時代に
感謝と愛を引き継いでまいります


この変化の時を 
あなたとご一緒できますことを
心から感謝いたします

平成の終わりに
愛と感謝を込めて

ゆめこ


5月 新しい元号が始まります
どこかでお目にかかれたらうれしいです❤


「令和元年5月の予定」

emoji05月04日(土・祝) 静岡県裾野市 13:00~

 ・お話し会 13:00~
      
 ・ご希望があれば「今、あなたに必要なエネルギーの絵」を描く個人セッション
         
 ・場所 裾野赤十字病院近く

 ・連絡先  aigatouiruka*gmail.com
       (*を@に換えて送信してください)
       ①お名前 ②人数 ③携帯番号を明記してください。




emoji05月08日(水)静岡県富士市 はぴここお話会 13:00~

《 はぴここ ギャラリー・トーク 》
      
・お話会 13:00~   2000円(コーヒーとお菓子付き)

・そのあとご希望があれば 個人セッションも受け付けています。
 「今、あなたに必要なエネルギーの絵」を描く個人セッション
 おひとり約10分~15分 5千円 (はがき大の原画付き)      
 ご予約いただければ、ありがたいです。
 
 絵に囲まれて ゆっくりゆったり 
 ホ~ッとする時間を どうぞ ご一緒に

 お茶菓子の用意がありますので、ご予約いただけると助かります。

・ご予約は  メール  event*yumekosan.com おかざわゆめこ
 (*を@にかえて お名前 連絡先を送信してください)
 電 話   090-2343-8494 菊池さん 
     
・会場  Space はぴここ 
 〒417-0011 静岡県富士市鈴川本町3-6 ギフトプラザ ダイトー2F
 電話 090-2343-8494 菊池さん 地図

(アクセス)JR東海道線吉原駅北口より徒歩3分   

(駐車場)ダイトーの建物の左手を入って 右側の(大東産業裏)の
 コインパーキング(1日500円)に停めてください
 そこが満車の場合は さらに奥に進むと1日400円パーキングがあります
 お店のはす向かいにも、コインパーキングがあります。
    

 私の絵を常設展示していただいている【Spaceはぴここ】で
 絵に囲まれたギャラリートークです

 お気軽におでかけください


emoji「はぴここ文庫」ができました!
人生を変える一冊が見つかるかもしれません。
どうぞ ご自由にご利用下さい。







emoji05月19日(日) 千葉県富里市 お話会 10:00~

  ・お話し会 10:00~11:30位  おひとり¥4,000

   当日のエネルギーによって内容が決まります
   その時の必要なメッセージ(エネルギー)をお受け取り下さい      

  ・そのあとご希望があれば個人セッション 
   「今、あなたに必要なエネルギーの絵」を描く個人セッションです         
    おひとり10分 ¥5,000 (はがき大 原画付き)

  ・会場 〒286-0201 富里市日吉台3-18-1              
      お車の方は駐車場をお問い合わせください   

  ・お問い合わせ/お申込み       
      電話  090-4011-5198 加藤さん       
      メール vitamin-okatsu*docomo.ne.jp           
         (スパム防止のため *を@に替えて送信してください)
          お名前 携帯番号 人数を明記してください           




emoji05月22日(水) 静岡県富士宮市 ローズマリーさんお話会 13:00~

 ・ゆるゆるゆめの会   2千円 (お茶と手作りのお菓子付き)  
          内容は 当日の皆さまのエネルギーによって決まります

 ・ご希望があれば「今、あなたに必要なエネルギーの絵」を描く個人セッション
          おひとり10分 5千円 (はがき大 原画付き)

 ・場所   ローズマリー 
       〒418-0108 静岡県富士宮市猪之頭(いのかしら)1335-6
        電 話  0544-29-5611
(アクセス)
東名富士インターから西富士道路を富士五湖方面に向かい、朝霧高原の「ドライブインもちや」の信号を左折。つきあたりの手前を左折して、「マスの家」を右に見ながら木立ちの中を道なりに進むと、林をぬけた右手にあるかわいい二階建てのペンション風のお家です。(青い家の手前の家です。)すてきなところです。車以外の交通手段はありません。

◎お申し込み  お菓子の準備がありますのでご予約ください 
 (前日までは)
  メールで  event*yumekosan.com (*を@にかえて送信して下さい)
 (①お名前 ②携帯電話番号 ③人数(複数の場合は皆さまのお名前もご記入下さい)

 (当日のお申し込みは)        
        ロ-ズマリーさん 電 話  0544-29-5611


  その時の気分で 読み聞かせをしたり
  お話から 突然 瞑想になったり・・

朝霧高原の春から初夏
  ローズマリーさんへの道は
  美しい新緑のアーチをくぐる
  目を見張るような季節です




emoji05月24日(金)静岡県焼津市 お話会 13:00~

(午前中「みんなのクローゼット(大人版)」が予定されるかもしれません
 くわしくは分かり次第 お知らせします

・13:00~ ゆめこさんのお話会  ¥3,000 (お茶とお菓子つき)

・ご希望があれば「今、あなたに必要なエネルギーの絵」を描く個人セッション
 おひとり10分 ¥5,000 (はがき大 原画付き)

・会場  小屋敷公会堂  JR東海道線 西焼津駅から徒歩4分
 焼津市小屋敷301-1  地図

・お申し込み 090-3838-1958(寺本)

ゆめこさんの愛たっぷりのヒーリングボイスから
つむぎだされることだま。
参加者一人ひとりに必要なメッセージがこめられています

ゆるゆると力が抜けて、一つ一つの重みを
はずしていく感覚を味わってみませんか?

よかったら、MYひざ掛けなど持参で
おうちにいるようなゆるゆるした気分でお出かけ下さいね (寺本)
       ・・・・・・・・・・・・・
  
どんどんゆるゆるになってきて
ほとんど初めから座布団敷いて寝ている人が多くなってきました(^0_0^)
初めての方はびっくりしますが 寝ていてOKのお話し会(^^♪というより
細胞のエネルギー調整の時間です♪
       
笑いが絶えない会場です♪



emoji5月26日(日)裾野市の糸掛け曼荼羅WS(2回目)



emoji・06月05日(水)静岡県富士宮市 ローズマリーゆるゆるお話会 13:00~

・06月07日((金) 岡山県岡山市 お話会 13:30~

・06月09日(日) 香川県高松市 お話会(時間未定)

・06月19日(水)静岡県富士市 はぴここギャラリートーク 13:00~

・06月21日(金)静岡県焼津市 小屋敷公会堂お話会 13:00~


順次追記します



・はぴここ2019年お話会予定 ・5/8・6/19・7/10・8/21・9/11・10/16・11/13・12/18

・ローズマリーお話会予定 基本的には第1水曜日(変更する場合もあります)

・焼津お話会予定   基本的には第3金曜日(変更する場合もあります)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

 現実創造のしくみや 生と死 しあわせについて・・
 私が体験してきたことや その体験からの気づきを
 歩けるうちに 話せるうちに 全部お伝えしたい・・
 そんな思いでいます(^0_0^)

 emojiお話会の企画のご相談は こちらからお願いします
   event*yumekosan.com
   (*を@に替えて送信してください)
   お名前 ご住所 携帯番号をお知らせください
   (なぜかg-mailは届かないのでご注意ください)


      おかざわ ゆめこ










出したものを 受け取る・・・

だから 自分が欲しいものを

誰かにあげ続ければいい


思いやり・・・

やさしい言葉・・・

よりそう心・・・

・・・・・

欲しいものは何?








自信が持てなくて
みんなの中にいると
涙が出ちゃうこともあるというあなたへ

○○さん

わたしたちは みんな全体の一部だから
ジグゾーパズルの1ピースのように
凹と凸の形で出来ているよ

凹ばかりの形はないし 
凸ばかりの人もいない

わたしもそうだったけれど
わたしが楽になったのは
凹が減ったからじゃなくて
凹の価値がわかったからなの

凹み(へこみ)は 短所や欠点ではなくて
誰かの凸とつながるために必要な形
だから凹の形は 凸と同じ価値

自分の苦手(凹)を補ってくれる隣りの得意(凸)も
隣の苦手(凹)を補っている自分の得意(凸)も
ひとつに戻るための 同じ価値の形

わたしたちは 初めから全体の一部なのだから
本当は初めから出っぱりを持っている
ただ その出っぱりを見つけられないだけ

ひとは自分の全身を見ることが出来ないから
ひとにどう見られているかによって
自分の価値を決めてしまいがち

でも 見ているひとも みんな学びの途中だから
自分が正しくて 自分と違うのは間違っていると思えたりして
比べたり 批判したり 責めたりして
相手も自分も傷つけてきた

ずうっと つらかったよね

でもね そんな人生のシナリオは
どういう意図で書かれたのか と考えるとね

自信が持てない人は
自信をもって 自分を好きになって
しあわせに生きるためじゃない?

だから あえて 自信が持てない環境を
自分が選んでみた

これでもがんばって自分を尊いと思えるかな?って
これでもか?これでもか?って
卒業試験はむずかしいね

でも あなたはずいぶんと問題を解いてきた
あなたのところに 心の凹を埋めてもらいたくて来る人がいる
あなたはその傷を埋める凸を持っているからよ

あなたの涙は
自分の凸がわからなくなったとき
自分の凹にも凸にも同じ価値があることを忘れたとき
このままの自分じゃいけない気がして
心がふるえて 魂が泣くのね

これからも ずっと
わたしたちはあなたに会いたくて訪ねます

わたしたちが あなたをこんなにも必要としていることを
あなたの凹も凸も 全部まるごと好きだということを
あなたが あなたに言うまで
いつまでも 信じて待っています







(写真の絵は 「祝福の風」)

ひとりひとりに いろいろなことが起きていますね
病気や お金や 人間関係・・・

一番痛いところを突かれて 逃げようもなく 
自分の生き方やクセを振り返って
道を選択しなおさざるをえないようなことが・・・

ひとりひとりに起きていることが
家庭単位になり
それが地域の問題や 国の問題 民族人種の問題と広がって
世界に起きている問題は
ひとりひとりの問題が拡大しているということがわかりますね

だとしたら
世界を平和にするためには
家族がお互いを認め合って 感謝しあい
ひとりひとりが自分の問題をおさめること

自分が世界の縮図となっていることに気づいて
そのことに匹敵する自分の中の問題に目を向けて
ひとつひとつを 愛をもって正直に 
明るく謙虚に対処していくこと・・・

私も毎日 そのようにつとめています(*´∇`*)


人生は 感謝に至る道
すべての出来事は それを感謝に変えるチャンス

チャンスに恵まれた人生に 感謝!
    ・
    ・
    ・

愛と感謝をこめて



(2008.04.27 再掲載)





(写真は おおばのりこさんのカメラです)

きのう 歯医者さんの待合室にこの歌が流れていて
生前葬以来 久しぶりに歌ってしまいました
2006.04.07に作った詞です

・・・・・・・・・・・・

[ありがとうの唄]

さくらが さきそう!
つぼみが ふくらんで
胸が わくわくしてきて・・
かけだしながら 
ありがとう です

あなたが そこにいてくれて ありがとう です
あなたが あなたでいてくれて ありがとう です


さくらが ひらいて
おもいきり わらってる
空が あまりに青くて・・
泣きたいような
ありがとう です

あなたと また出会えたことに ありがとう です
あなたと 今ここに在ることに ありがとう です


はるかぜ そよそよ
はなびらが おどってる
ピンクの じゅうたんの道・・
最敬礼で 
ありがとう です

あなたが ここにいてくれて ありがとう です
ありがとうと 言わせてくれて ありがとう です



http://blog.yumekosan.com/Entry/82/


ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.