カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 5 6 8
9 10 11 12 13 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
  月別記事(直近3ヶ月)
  リンク








  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


2013年の大晦日に
こんなことを書いています

今年も 23:59から
1分間の黙祷をしたいと思います
     
よかったら ご一緒してください


・・・・・・・・・・
      

あと数時間ですね
    

ロバート・オーンスタインとポール・エーリッヒ著の
「新しい世界・新しい心」という本によれば
     

地球の歴史を1年分のカレンダーにすると
    
1日は 1200万年・・・
     

1/1の00:00すぎに 地球は誕生
    
2月のどこかで 単細胞のバクテリアが登場
    
11/20 魚類登場
    
12/10 恐竜が現れて 
     
クリスマスに消える・・・

12/31の午後 人類の最初の祖先が現れる
    
その日の23:45に ホモサピエンス登場!
      

記録されている人類の歴史のすべてのできごとは
一年の最後の1分間におさまってしまう・・・


今 大晦日の21:00ですから 
1時間が50万年の計算で
ホモサピエンス登場の23:45までには 
まだ112万5千年ほどかかります


わたしたちは 23:45からの15分間で
急速に進化成長してきました


進化が進むにつれて
違う種はもとより
同じ種同士での殺し合いを
ずっと続けてきたのです


その歴史が 今夜の最後の1分間に
すべておさまってしまうというのです

  
その1分間の間に 何度も生まれては死に
歴史を創ってきた私の先祖と 過去生のわたしに
渾身の愛をおくります
     

戦い続けたわたしたちの祖先が
そうするしかなかった厳しい人生を生きぬいて 
いのちをつなげてくれたことへの感謝と


今なお戦っているわたしたちの同胞たちに
ハート全開で愛を送ります


今夜 23:59から 
1分間の黙祷を捧げたいと思っています


もし よかったらごいっしょにemoji


今年も 皆さまから 
たくさんの愛をいただいた一年でした

数え切れないほど 学ばせていただきました     
     
本当に ありがとうございました

    

地球の歴史からみたら 
人の一生はほんの一瞬です
     

だからこそ 今を わたしを 
たいせつに生きなければと
      
こころから そう思います
     

来る年も どうぞ ご一緒させてください
    

よろしく お願いいたします
    

合掌
     

わたしは 
ますます輝きを増す地球を信じています
   

そして
      

人類の未来も 
ますます愛に戻っていくと信じています


暮れの27日に我が家に来てくれた花束が
日ごとに ますますやさしくなって
ほほ笑みかけてきます




今日から 明日へ
なにを持って
いきますか


今年から 来年へ
必要なものは
何ですか


今生から 来生へ
引き継ぎたいものは
何ですか



新しい密度の星に
もう呼吸している わたしたち

ひと呼吸ごとに

さらに

ますます

「あなた」も 
「わたし」もない
「わたしたち」の世界へ・・・



比べ合うことは
讃え合うことに


批判し合うことは
理解し合うことに


争うことは
歩み寄ることに


奪い合うことは
与え合うことに


蓄えることは
分かち合うことに


かわっていく・・・



「わたし」が「わたし」に
何を与えていくのか


「わたし」から
「わたし」は
何を受け取っていくのか


「わたし」が欲しいものを
「わたし」に与え


「わたし」は欲しいものを
「わたし」から受け取っていく


そして

やがて

欲しいものすらなくなって

満たされていく・・・


初めから満たされていたことを
思い出していく・・・


それに気づくために

満たされない不足な気持ちを
あえて 「あなた」を創って体験してきた
この長い道のりの

ようやく 

終わりと始まりの道しるべまで来た










今朝がた 

静かな夢を見た


わたしは 娘の目でまわりをみていた

娘も わたしほどに年をとっていた


そこには もう

わたしはいなかった


けれど

娘が見るものすべてに 「わたし」は いた


部屋にも 

家具にも 

空気の中にも

家のなかにも

家の外の なにもかもに 

「わたし」は いた


道路にも 

電柱にも

夕陽にも 

夕焼けの空にも

見えるものすべてに 

「わたし」は いた


「わたし」は

世界のすみずみにまで広がっていて

わたしを想ったとたんに それは感じられた


わたしは娘として 

立ちつくして夕陽を見ながら

「わたし」を感じていた


部分としての肉体を離れたら

全体として 「わたし」は 

ずうっと ここにいる・・・


長い時間

時が止まったアルバムをめくるように

この世界の景色を見ていた


そのどこにも

「わたし」がやどっていた


見えるもの すべてが

なつかしくて


いとおしかった・・・


わたしは ずっと

「わたし」とともにいた・・・



やすらぎのなかで

目ざめた・・・



大晦日の朝だった










2019年も あと1日と少し 
2010年代 ありがとう

毎日のお日さま ありがとう
見ればいつもそこにいてくれる富士山 ありがとう

雨の日も風の日も 暑さも寒さも ありがとう
歩けて食べられて このからだ ありがとう

涙も痛みも ありがとう
見えるすべて 見えないものすべてに ありがとう

わざわざ会いに来て下さって ありがとう
まだ出会えていなくても 今この時に
一緒にこの星にいてくれて ありがとう

あなたが笑ってくれたことに感謝して 
ありがとうを100万回も伝えたい

皆さまの来る年が
ますますあなた自身のものでありますことを信じて

心から 申し上げます

ありがとうございました






今日はこの本をおすすめします。
著者の講演会が、町田市で2/24(月・祝)にあります。
私も勉強させていただこうと思います。

必要な方に届きますように❤

・・・・・・・・・・・・・

◎(書籍)

輝きを取り戻す
《”発達障がい”と呼ばれる子どもたち》
ゆめの森こども園 愛の関わりと連携の実例集
(前島由美 著)
https://www.dou-shuppan.com/books/yumemori-book/

「島根県出雲市にある療育支援施設「ゆめの森こども園」。

そこでは、感覚過敏などで学校に行かれなかったり、生きづらさを感じている子どもたちが、食と関わりによって本来の輝きを取り戻し、いきいきと学校に戻っていくなど、目覚ましい変化を見せています。

そこには、25 年の保育経験を持つ著者の、目の前の子どものSOSを読み取る目と、子どもたち、そしてその家族を、スタッフ一丸となって大きな愛で見守る取り組みがあります。・・・・」


◎(講演会)

『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』出版記念講演会

2020年2月24日(月・祝)
町田市文化交流センター(6F ホール)

書籍『輝きを取り戻す“発達障がい”と呼ばれる子どもたち』

「“発達障がい”の子どもたちは、学校で暴れ、不登校になってまで『今の世はおかしい! 人として最も大切なことに気づいて!』と身を削って訴えかける、崇高な魂の持ち主なのです」(著者 前島由美)

(詳しくはこちらから)
https://www.dou-shuppan.com/event/200224_yumemori/




ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.