カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
2
4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 
世界中を震撼させたあの日から
もうじき2年になろうとしています

その頃の日記をめくってみると
停電や 放射線への心配や怖れ・・・

東京駅は 疎開する親子連れが
見たことがないほど 暗く緊迫した顔で行き交い
悲痛なエネルギーで ごったがえしていたのが
ついこの間のことのように思えます


きょう 見つけたこころあたたまる言葉たち

日本人は すごい!

他の国の人たちも すごい!

人間て いいなぁ!


【東日本大震災後、ツイッターに投稿された心に残る言葉】
http://www.youtube.com/watch?v=CqrEmelRt7Y


私のところにも 震災直後に
仙台の被災者から 心に残る言葉が届いていました

「今日は 3月にはありえない冷え込みで 外はアイスバーンです。
 この冬いちばんの冷え込みかもしれないと思うほど。
 外にはツララがあります。
 これは原子炉を冷やすためのものだと感じています。
 見えない大きな力が私たちを守っています。

 仙台は 東北は 日本は 世界は 
 いま 破壊と再生のプロセスに入ったのだと思います。

 ひとつ分かることは「大丈夫」だということです。  」


この言葉に どれほど勇気をいただいたかしれません

また 祈りの日が近づいてきました

今年は 3/10(日)に 富士市のSpaceはぴここさんで
3/11(月)に 富士宮市のローズマリーさんで

アイルランド音楽奏者の守安功さんと雅子さんご夫妻と
天女の舞い(瑞穂舞い)のあべみゆきさんをお迎えして
富士山のふもとから あらためて心をよせて祈ります
どうぞ ご参加ください

くわしくは http://blog.yumekosan.com/Entry/602/


あの日から
ローズマリーさんとその近隣の有志さんたちは
「できることをしよう」と
毎週火曜日に陣馬の滝の前にお店を出して
その売上のすべてを震災復興に募金しています

「東北に行くことはできなくても
 富士山の裏側から ささやかな応援を
 ずっと長く続けていきたい」
と言っていた彼女たち 
去年はついに東北にも行きました

それよりも なによりも
毎週バザーに出すために
その前日は クッキーを焼いたり 
お弁当やおまんじゅうを作ったり
実に 毎週最低2日間を 東北のために使ってきたことに
頭が下がります

また 古着のリサイクルバザーに
衣類を提供してくださるかたたち
それを買ってくださるかたたち
みんな 怖れを愛に変えていますね

それもそろそろ2年になるのですね

本当に 人間て・・・・・すばらしい!







ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.