カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
2 3
4 7 8 9
12 14 16 17
18 19 20 23 24
25 26 27 28 29 30
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 
すべてのこどもたちに、
この先生のようでありたいですね。

苦手な分だけ 得意があること。
みんな同じじゃないから、
世の中はすばらしい発見と発展があること。

他の人と比べることなんて 
意味がないということ。

~ついつい伝えたくなる深イイ話~
《 神様がくれた耳 》
https://www.facebook.com/totemo.hukaii.hanashi/photos/a.158094177721428.1073741828.158071697723676/244137222450456/?type=1&theate

アメリカの学校で理科の授業中、
実験に使っていたマウスが逃げ、
どこに隠れたのかわからなくなった。

女性の教師はみんなに探させたが、
見つからない。

そこで全員を席に着かせ、
自信たっぷりにこう言った。

「これだけ探して発見できないのなら、
あとは、モリス君にお願いしましょう」

途端に、ちょっと待って何でアイツが、
という声があちこちから起こった。

教室はざわめき、一人が、
「モリスには無理です」
と手を挙げて言った。

実はモリスは目が不自由なのである。

教師は答えた。
「なるほど、確かに目が不自由です。
だからモリス君には無理だと、
みんなは思うかもしれません。
でも、先生は知っています。
モリス君は目が不自由でも、
神様から素晴らしい能力をもらっています。
聴力です。
それを生かせば必ず、
マウスを見つけてくれると、
先生は信じています。
モリス君、お願いできますか?」

そして、モリスは期待に応えて捜し出した。

そして、日記にはこう書き残した。
「あの日、あのとき、僕は生まれ変わった。
先生は僕の耳を神様がくれた耳と言って、
褒めてくれた。
僕はそれまで目が不自由なことを、
心の中で重荷に感じていた。
でも先生が褒めてくれたことで、
僕には大きな自信がついた」

このマウス事件から十数年。
神の耳を生かして音楽の道に進んだ、
スティービー・モリスは、
シンガー・ソングライターとして、
鮮烈なデビューを果たす。

スティービー・ワンダーという名前で!








ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.