カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
2 4 5
9 11 12
16 17 18
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


(前日の「まぢ 5月2日」http://blog.yumekosan.com/Entry/896/に引き続き)

「奇跡の誕生」と言っていただいたので思い出しました。

それ以前にもまだ 奇跡があったのです。

22歳で3つの婦人科系の病気があったため、
6か月間 あの痛いホルモン注射を打ち続けても快癒せず、
東京〇〇大学病院に紹介されて、そこで子宮摘出手術を受けることに。

その時、卵巣の機能を調べるために、(結果によっては卵巣もとってしまおうと)
絶対不妊と思われていたせいか、
「排卵誘発剤です」という説明もなしに、通常の倍量の薬を処方されました。

その薬の名前を知ったのは、無事子どもが生まれてから、
子どもへの遺伝性がないかどうか知りたくて、
先生に「あの薬はなんでしたか?」など、
箇条書きの質問状を出したときの返事でした。

その前の半年間続けていたホルモン注射とその誘発剤によって、
1か月後の診察予約日に妊娠が分かった時、
子どもを持たない人生設計に変更していた私はもちろん、
先生はさらに 相当ビックリでした。(゚Д゚)ノ

子どもたちは 私の子宮と卵巣と、
地獄のような生理痛から私をまもってくれました。

妊娠がわかる前から私の状態は異常で、酸欠 呼吸困難。
大学病院の大混雑の待合室の長椅子に
申しわけないけれど ハァハァしながら寝て待つ始末。

どれだけ息を吸っても、酸素が足りないのです。
家では、ダンナサマが吸うタバコが苦しくて、
窓にかじりついて「私の・・酸素を・・とらな・・いでぇ~!」と
まぢ 叫んでいましたよ。
(今なら自分で酸素吸入しますけど)

千葉からバスと電車を乗り継いで、
ひとりでよく東京の病院にたどりついたものだと思います。

その翌月の診察予約日を待ちきれず、1週間後にまた行って、
「もう・・ここまで・・来られま・・せん・・・」といって倒れ込みました。

下を向けば口からも鼻からも胃液が出てしまうような、
筋肉酸素が足りなくて歩けないような状態を見て、
「何度きいても心音がきこえないし、これは妊娠ではなく、胞状奇胎です。
 母体があぶないので、すぐに処置しましょう!」ということに。

ところが、手術に入る直前に、確認のためのドップラーに
誰かの心音が、かすかに入ったのです!!!

「いるよ~!ここにいるよ~!」って必死だったでしょうね。
それで掻把されずにすみました。

病院を近くの国立病院にかえてもらって、
ひどい悪阻は終わることがなく、
歯茎はビラビラに浮き上がって
バナナを食べても出血する・・
妊娠6か月目には 臨月のお腹。

最後の2か月は 眠らず 食べず
(胃はどこかにはりついてしまったので、
す~っぱい夏みかんと赤ちゃん用のミルクを飲んでいました。)
歩けず 座れず ああ 着られるものがなく・・・(>_<)
(男性用のLサイズのゆかたなら大丈夫だろうと・・mmm 
 前が重ならない・・オシイ・・っていうか・・ザンネン・・アリエナイ・・)

マジックでお腹に「ここが子宮破裂します」という×印を何か所もつけられて (*_*;
腹囲135センチ、子宮口3センチひらいたままの状態を2か月間もちこたえて、
ようやくの5月2日だったのです。

難関をいくつも突破して 予定日4週間前、
ようやく ここまで たどりつきました。

どれだけ生まれたかった子どもたちでしょう!

先生に「1人助ければいいでしょう?」などと言われて憤慨して、
「足が悪くても 目が見えなくても、
 命だけは全員助けてください!
 そのかわり 三倍苦しくても、「痛い」「苦しい」はいいません。
 痛い苦しいと言ったら、そのたび1人ずつあきらめますから!」
と 宣言してしまっていたので・・・。

きょう5月3日は 昨夜遅く陣痛室から分娩室にうつされて、
陣痛促進剤はもはや点滴ではなく「流しっぱなし状態」で、
合間のない痛みの・・まだ死闘のまっただ中・・。

そうして明日の誕生に至るのです。


まぢ 死にもの狂いの 42年前の いま!



つづきは
「いよいよ まぢです!5月4日!」http://blog.yumekosan.com/Entry/899/











ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.