カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 3 4
7 10 11 12 13
14 15 17 18 19 20
23 24 25 26 27
28 29 30 31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


ずっと前
ある人が わたしに 言いました

「僕は 10年も 癌をやっています。
また再発してしまいました。
いったい どうしてなんでしょう?」

ー10年も生かされて ありがたかったわねぇ
10年を どう過ごされましたか?ー

「ありがたい・・って ゆめこさん・・
・・それに僕は そううつ病で、
うつに入ると 2週間くらい 会社に行けません。
課長なのに 上司にも部下にも申し訳なくて、
家にいてもつらいのです。」

ー癌になって 再発して 
さぞかし落胆なさったことでしょう
なにが 一番つらいですか?
痛みますか?ー

「いいえ 痛みはありません。
でも そのうち死ぬかもしれないじゃないですか!」

私は自分や息子が癌だといわれたときの気持ちを思い出しながら
こう聞きました

ー死ぬことの何がつらいのですか?
痛むかもしれないこと?
家族との別れ?ー

「いいえ、僕はやりたいことをやってないことが 心残りなのです。
僕は、人の話をきいてあげる人になりたいのです。
だから時間があると、ホームレスの人と話しに行きます。
そういう仕事をしたいけれど、いまの仕事をやめたら
家族を食べさせていけないじゃないですか。
だから ずうっと我慢してきたんですよ・・。

え? すきなことやっていいんですか? ホントに!?」

ーいままでは Aをとったら Bはあきらめる
AかBか 二者択一の時代でしたが
これからは AでもありBでもあるもの
または AでもBでもないものといった
新しい選択の時代が始まっていますから
お給料と好きなことを両立して
楽しくゆたかに生きていっていいんだと
自分の「信念」を変えて下さいね

その「思い」と「言葉」に ひとつ「行動」が加わると
現実は変わり始めますよ

いま この帰りに
役所の福祉課に寄って
あなたが空いている時間と あなたがやりたいことを
ボランティア登録をしてください

それから ひとの話を聞くための
カウンセリングの講習会もあるはずだから
それもついでに申し込むといいわねー


1ヶ月後 彼から電話がありました

「ゆめこさん 大変です!
 僕は降格して、課長の役職をとられてしまいました・・。」

ーまあ よかった!
これで上司や部下を気にせずに 休むことができるわねぇ
いまのあなたに必要なのは 役職ではなくて
自分を責めないで ゆっくり休むことなのねー


それから1ヶ月後 また連絡がありました

「ゆめこさん 大変です!! 僕は転課することになりました。
どこだと思いますか? 社員のための相談室です!

前に福祉課に申し込んでおいたカウンセリング講習も、
研修として、仕事中に受講できることになったんです!」

ー宇宙はすべてを見て 聞いていますねー


それからしばらくして 明るい彼に再会しました

「ゆめこさん、 毎日がすごく楽しくて有意義です。
僕は 体力をつけて元気になります!

ウチの近くに3kmのマラソンコースがあるのですが、
僕は1日に60本のタバコを吸っているので 走れないんですよ。
なんとかタバコをやめる方法はないもんでしょうか?」

ーああ タバコね  やめなくていいですよー

「だって それじゃあ、3kmのコースを
とうてい走れないんですよ。」

ー今できることを せいいっぱいやりましょう!

60本タバコを吸っているあなたが
きょう 歩ける所まで歩くのです
歩いている間のタバコが1本減るでしょう

そしたら
59本タバコを吸っているあなたが
その日 歩ける所まで歩くのです
そしたら また1本タバコが減るでしょう

そしてまた
58本タバコを吸っているあなたが
その日 歩ける所まで歩くのです
そしたら また1本タバコが減るでしょう

60本のタバコをやめられたらマラソンをしようと思っているうちは 
禁煙もマラソンもできません
いまのあなたにできるせいいっぱいを やってみるのです

あなたが 3kmのコースを1周歩けるようになり
それが早足になり やがて走り出す頃には
あなたはタバコを吸わなくなっているでしょうねー

彼はわたしに「good!」と親指を立てて笑い
私も同じようにして答えました


その後おそらく彼は 
その3kmを元気にマラソンしているに違いないと
私は信じています

わたしたちは
こんな状態だから あれができない
現実が変わったら なにかを始めようと思いがちです

現実を変えるコツは
やりたいことを明確にして
「思い」と「言葉」と「行動」を一致させ

それにむけて いまできる事にベストをつくすことです

それが
被害者意識で受け身の現実を創り続けてきた私が
やっと思い出した 現実創造のしくみのひとつです


(絵は「黄金のイルカ」)


ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.