カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
3 4 6
9 11 12 13 15
16 17 18 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 

(つながっているいのち)


1996年、今から15年前の3月11日、
私は米国アリゾナ州のセドナにいました。

セドナがどこの国にあるのかも知らなかった私にとって、
導かれて始まったあの旅は、毎日がミラクルの連続でした。

信じられないような出来事はとても書ききれないので、
いつかまた お話会などで追々お話ししていくことにして、
今日はその中でひとつだけお伝えしたいことがあるのです。

ポピの村を訪ねたときのこと。
白人によって彼らは住んでいた土地を追われ、
貧しくも信仰深く戦わずに生きることを選んで、
何度も、どこまでも追われ続けて、
不毛の土地に甘んじて生きてきたと聞いています。

彼らは、神様からの言い伝えで、
「大地を掘って、ひょうたん(ひょうたん雲→原爆のこと)をつくってはいけない」
と言われていましたが、
白人の命令で、その土地のウランを掘らざるを得ませんでした。

そのために、彼らもいまだに白血病やガンに苦しんでいます。
日本が被曝する以前に、彼らが最初の被曝者になっていたのでした。

とある小さなみやげもの屋さんに入ったときのこと、
その店のおじさんが私に「日本人か?」と聞くのです。
「そうです」と答えると、おじさんは帽子をとって、
「ごめんなさい」と言うのです。
「どうして?」と聞くと、
「私がウランを掘って、原爆を作った。」と頭を下げるのでした。

ウランを掘ったのは彼ではなくて、彼の親の代でしょう。
としたら、かれらも被曝者として、また被曝二世として苦しんできたはず。

自分たちの国のやったことは、自分がやったこととして、
日本人に対して責任を負う、その姿勢に強くうたれました。

そしてそれは、広島の平和公園に刻まれている
あの言葉に通じるところがあると思いました。

「安らかに 眠って下さい
 あやまちは 二度とくりかえしませぬから」

この言葉が被曝地に掲げられていることが、
私の 日本人としての大きな誇りでした。
被害者ではなく、「私がやりました」という、
人類としての責任感を日本人はもっているという誇りです。


被曝して66年目、日本は三度目の被曝です。
放射性物質は、日本だけでなく、
たくさんの国の空や海を汚染しました。

空が汚染されるということは、呼吸する空気だけでなく、
森や土や地下水を汚すということです。
川や海が汚れるということは、生態系が壊れるということです。

セドナのみやげもの屋のおじさんの、一旅行者の私への深いわびの心や、
あの広島を生き残った人々が、亡くなった人たちに誓ったように、
「あやまちは 二度とくりかえしませぬから」という思い、
「それは、私がやりました。」という、その時そこに生きた者としての反省が、
どう生かされて、何を選択していくのかを、
今 世界中が日本をじっと見つめています。

日本は、あの原発事故から半年もたたないうちに、
泊原発を稼働させることを選択し、許可しました。

私は、少なくてもセドナのあのおじさんに、
たくさんの「ごめんなさい」を言わなければなりません。

「あなたや動物たちの吸う空気を汚して ごめんなさい。
 土や水や食べ物を汚染して ごめんなさい。
 そして あなたのたいせつなひとたちを
 これからも不安にさせて ごめんなさい。」 と。
 


ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.