カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3
5 6 7 10 11
12 13 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 
久しぶりの日記です。
お変わりありませんか?

私たちの「思い」や「言葉」「行動」によって、
現実が創られて、今の世界になっています。

今、それを一気に変えていくために、
お金、人間関係、とくに病気という体験を、
魂レベルで選択しているひとが増えています。

私の回りにも、自分や家族、大切な人が病気になる、
それもいのちに関わるような病いによって、
自分や回りの人を愛に導く、感謝や愛を引き出す、ひとつにする・・
というシナリオの渦中にあるひとがたくさんいます。

私たちの意識の変化が急がれていますね。

その中のある方へのメールを、ご本人の了解を得て、
匿名でしばらく連載したいと思います。

同じ体験の中にいらっしゃるかたの、
少しでも参考になればと思います。

これは、きっちりとした性格で毎日残業して働きつづけてきたお嫁さん(Mさん)が突然悪性腫瘍に倒れ、その付き添いをすることになったお姑さんにあたるひとへのメールです。

(この方とはお世話になっている親しい間柄なので、文面に失礼があるかもしれませんが、深くお話しできるお相手だとご了解のうえ、お読みください。)


(その1)2007.05.04

まぁ〜! そんなことがありましたか…
あちらのお母様のご心配もお察しします。

病いは、本人やまわりの気わずらい→心配や不安の思い癖にきづくチャンスです。

Mさんは、身をていして回りを学ばせる役を引き受けられた愛の魂なのですね。

しかも本人が明るくしていてくださって、ありがたいですね〜。
頭が下がります。



(その2)05.06

落ち着きましたか?

永い三次元での学びの最終章、
重なってどんどんクリヤーするチャンス到来ですね。

呼吸を合わせ、心をそわせて、Mさんの思いや言葉をまず肯定してから、愛ある正直さで接していくだけ。

魂が選択していないことは起こらないそうです。
いのちをかけた学び、大変でしょうけれど、クリヤーしてくださいね。

きっと大丈夫なので、あなたの魂もこの経験を選択して
さらにステージをあげていくのでしょう。
信じて待ちます。



(その3)05.07

合掌

いやな役を引き受けて嫌われ役を演じているひとほど、
今生はご奉仕の愛の魂。

ひとはたくさんの生を、いろんな役をやりあって、
ずうっとお互いの成長のためにサポートしあっている仲間です。

この生だけみたら、あまりにも不公平ですが、
たくさんの生によって完璧にバランスがとれています。

同じときに同じ国に生まれて、
しかも家族として身をよせ、
病いという役と、付き添うという役、
たくさんの奇跡がかさなって、完璧な学びが始まっていますね。

広く永い神の視野でみるならば、
ひとは消滅することはなく、永遠に循環している存在。

魂の体験のバランスからみれば、
善いことも悪いことも起こっておらず、
どちらが上でも下でもなく、早いも遅いもありません。

互いの中に自分をみて、自分を発見してそれを認め
自分を許して自分を愛するチャンスです。

病気になることによって気付くシナリオのひとは、
病気になることが待望のチャンス到来!

付き添うことによって気付くシナリオのひとにも
チャンス到来!

そしてまた、それを見守るまわりの私たちも
気付きのチャンス到来!

善い悪いを決めて悩み、悲しみ、ひとや自分を責めたり裁いたりせずに、
物にもひとにもただ寄り添って、同じ空気を呼吸すること・・これが「付き添う」ということ。

おやくめご苦労様。

Mさんと、あなたに、こころから愛と感謝を送ります。


ゆめこ



(その4)2007.05.07

なんてうれしいメールでしょう!
親子の学びの最終章の幕が開きました!

(やっと本当の親子になれそうです。というメールに答えて)
はじめからすばらしい親子だったのですよ!!
だから、卒業試験もいのちがけのシナリオを書いてきた、
すばらしい学びの仲間じゃありませんか。(^_^)
みごとにクリヤーしています!
おめでとうございます!
私は涙が出てきます。本当にすばらしい〜!
ありがとうございます。
やったね!

人生は、なにがあってどうなったかではなくて、
なにをどう感じたか、愛としてどう行動したかです。

みんな自分のことですから、うろたえたり、心配したり泣いたりしてもいいのです。
そのあと、すべてのことが感謝に変わっていくゲーム、
それで上がりです。

人生は感謝に至る道。
信じて待つーこれが宇宙の愛です。私も近づきたいものです。

感謝、合掌



(その5) 05.07

感謝

病いの恩恵を存分に受けていますね。

病いや痛みは、ひととひとをつなぎます。
病いのひとは、回りのひとから愛を引き出す役目です。
病いの役割はもう終わりました。
善いことしかおきません。
生きる道は、感謝ばかりです。

こんな時に、こんなふうにいうことを許していただいて、
私は本当に幸福で涙がでます。

宇宙は 急いでいますね(^-^)
いっきに愛し合う親子になりますね。

信じて待つ、とお伝えください。

「あ」という始まり 源(みなもと)が、
「い」という命を抱いていますから(^-^)



(その6)05.09
(医師からMさんの余命を聞き、落胆と悲しみのメールに答えて)

それはショックだったでしょうね・・。

私の息子が長い旅から帰ってきたとき、
病院で「働けるかどうかなんて話じゃなくて、
誰が一生このひとの面倒をみていくかという問題ですよ。」といわれたとき、
娘がもうひとりの息子にいいました。

「あの子は、私たち家族が、もっとなかよく、もっとひとつになるために、
わざわざ病気になって帰ってきてくれたんだね。」
「うん、僕もそう思うよ。」

私はそのとき、こどもは親を越えた存在だなぁとうれしく思いました。
息子さんもきっと乗り越えて下さいます。

実は私も先月のすぴこんの三日前の夜に、突然あちらに帰りかけました。
娘は新婚旅行中でしたから、知らせませんでしたが、
一緒にいる息子にはちょっとあいさつをして、
保険証をまくらもとにおいたりして寝ました。
宇宙の渦の中に引き込まれていくような感じでした。

翌日、ある方から電話があって、
「今回はあぶなかったですよ。
私の手には負えませんからすぐに病院にいってください。
心臓の右と左のリズムも狂っています。
しかし、何度もよく戻りますよね〜。」と感心されてしまいました。

魂は永遠ですが、肉体は三次元的には、いつか滅びます。

魂が計画したすばらしいシナリオは、
まわりをまきこみながら、
ひとつのむだもなく愛に導きます。

こちらに生まれることも、あちらに生まれることも、
死という形で悲しみや怒りをともないながら、
それをうけいれ、感謝に変わったときに、
生の本当の意味を知り、
だからこそ 生きている今を大切に生きようと思うのです。

ひとは順調にいっているときよりも、
かべにぶつかって苦しい時に成長します。

生きることが危うくなったとき、はじめて命について考え、
なんのために生まれてきたのか、
まわりや過去にも感謝が生まれます。

コップの半分の水の例えを思い出してください。
同じ状況でも、ものの見方、考え方で、現実が変わります。

「時間が半年しかない、大変だ、心配だ!」という見方もあり、
「あと半年もある。ありがたい。
いっしょに充実した時を過ごそう。
いっぱい愛してあげよう。
それを素直に受け取ってくれてありがたい。
愛するチャンスをありがとう。」という生き方もあります。

私の息子に ふたつの癌が見つかった時を思い出しました。
理屈ではわかっているのに、気がつくと涙が流れているのです。
これが「情愛」というもの。
あったかく熱く激しい愛です。
時に怒りや、憎しみに変わったりする愛。

私は、このからだでできるだけのことをして次に進もうと、
いつも思っています。
だから、このあいだも
「もう、これでいいのですか?それならば、お任せしましょう。」とゆだねていました。

今のところ、死は誰にでも必ず訪れます。

先に逝く者はみんなの愛を引き出し、
よりひとつにまとめて この生の仕事を終えます。

残った者も、さらにひとまわり大きくなって愛深く生き、
また まわりの愛と感謝を引き出して還ります。

どう還るかは、どう生きたか。
よりよい死は、よりよい生き方。
生きることと死ぬことは同じこと。
体の制限をはずして、自由に生きることを死と呼んでいます。

「悪いことはなにも起こらない」ということはこういうことです。
「悪いこと」自体がないのですから。

生きている今を大切にしましょう。
肉体のあるMさんと、大切な時間を過ごしましょう。

取り乱すのはあたりまえ。
悲しくて誰かに腹がたったり・・、みんなそうです。

そのあとに 静寂な感謝の時がきっと訪れます。
それが彼女からの贈り物です。
私もMさんに感謝しています。

あなたには、こんな時にこんなことを書いても受け入れてもらえると思って書きましたが、
失礼がありましたらどうか許してください。

息子さんや皆さまの、悲しみや葛藤を想いながら。

胸を熱くして
ゆめこ




2007.05.10

息子さんは大丈夫。

わたしたちより子供の代はもっと開かれているー
ー叡智につながっているー受け入れが早いし、
孫の代はもっと解放されています。

頭が固まってしまっているわたしたちが1番重く受け止めて、
執着の多い分だけ悲しみも多く、
価値判断が強いほど苦しみも強く、
新しい世代に学ぶことが多いですね。

「こどもはあなたより大きな羽根をもった天使をつれていますから、
こどもの心配する必要はないですよ。」

私がエリザベスから言われた言葉です。

愛をこめて



2007.05.11 (手術の日)

いよいよですね。
天と、Mさんの魂の選択にゆだねて、
こころ静かに待たせていただきます。


2007.05.11

ありがとうございます。

受け入れて感謝でこの時を迎えられたことに、
感謝と敬意を送ります。

ありがとうございます。

生きていること…肉体への感謝…
悲しみや怒りや喜び、
すべての感情が愛の変形したもの。

肉体があり、感情があり、生きることは愛に満ちています。

肉体をあじわい、感情を味わうために生まれてきました。

よくあじわい、よくクリヤーしていますね。

ありがたいことです。合掌



2007.05.12

長い一日でしたね。

誰でも、毎日が始まりの日で 終わりの日。

相手を大切にするように、自分も大切にしましょうね。




2007.05.16

「付き添うということ」

よかったですね〜

ゆっくり呼吸して、ゆっくり話す…
これは、正直に生きる練習でもあります。

相手の呼吸にあわせて、思いを感じとる…
まさに「付き添う」こと。

みんながそれぞれの位置で愛を表現していて、
すばらしいですね。
Mさんがトレーナーです。

○○さん、ありがとうございます。
あなたも体をたいせつにしてくださいね。



2007.05.18

いい時間を過ごしていますね。
・・・・・・
Mさんを、ありがとう。


連載はこれで終わります。

携帯で打った読みにくいメールを読んでくださってありがとうございます。
そして、今もまだMさんに付き添っている友人に
こうして日記につかわせていただきましたことを感謝します。

Mさんは、私が伺った時には、
左手でぬり絵を始めていましたが、
上がらなかった右手が少しずつあがるようになり、
出なかった言葉もだんだん出るようになっていました。

忙しすぎて自分の時間もあまりとれなかった彼女が、
今、まわりの暖かい看護の中で
たっぷりな時間をニコニコと過ごしているのを見ると、
病気は悪者ではないな、とあらためて思います。

彼女にこんなことを言って帰りました。

あなたは、今まで1日に12時間以上も働いていたでしょ?
今、あなたは病院で、ただにこにこして、ころころと笑ってる。
前より今の方がずっとあなたは働いているのよ。
(「え?ほんと?なんで?」と彼女。}

ここの患者さんも、看護士さんも、お見舞いの人も、
みんなあなたの笑顔にいやされて帰っていくわ。

みんなが、いやなことも悲しいことも吹っ飛んで、
あなたに元気をもらって帰るの。
りっぱな仕事でしょ?

これからあなたは、外で働いても家にいても、
笑っているだけで、ひとの役に立つのよね。

仕事の価値は、お給料の額じゃないのよね。
どれだけ人を助け、どれだけ調和のために役だっているか。

それにね、わたしは楽しみにしていることがあるの。
なにか感じない?
(「まだ、なんにも・・。」}

そう、あのね、人間はみんな同じだけ価値があるのよ。

苦手なところも得意なところもあって、人間。
どこかがへこんだら、どこかがでっぱるの。

あなたは前より手足がすこし不自由になったわね?
だからきっと、今までにない才能が出てくるわ!
いままでやらなかったことをなんでもやってみてね。

ひとは、誰かと比べていろいろ言うけど、
ひとと比べるんじゃなくて、前の自分と比べるの。

なにかができなくなったら、きっとなにかできるようになる!
みんな満点で平等よ。
すてきなことが起きるのよ〜!

(「そお?ほんとに?」と、目をクルクルさせて、
本当にかわいらしいひとになっていました。)



みなさまに
愛と感謝をこめて

肉体をいたわってください
肉体の言葉に耳をかたむけてください

なるべく睡眠をよくとってください

痛みはストップ!の信号です

病気は 方向を変えなさい の合図です

大好きだったものを食べるのを控え
嫌いだったものを食べ
歩きたくないひとは歩き
眠らない人は 眠り
ボランティアなんて!というひとは ひとを助け
笑わないひとは 声を出して笑い
泣かないひとは 思いきり泣くことを許してあげてください
まったく180度の転換の時です

その身体のまま、生まれ変わるチャンスです

そういうときがきているひとが、たくさんいます
自分や家族や知り合いや・・・

みんながいっせいに生まれ変わるために。



ゆめこ


ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.