カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


孫にいっぱい ぎゅ~!してもらって

抱き癖ついちゃったのは 私のほうです はい


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

奥土居 帥心
2015年10月7日 9:36

【心のおそうじ道場】

[対人関係]

「対人関係で困る」という人は、

「助けて~」と人に困っていることを打ち明けたり、相談するのが苦手な人です。

逆にすぐに助けを求める人は、人を信じている人です。

「お金は裏切らない」と考える人は「助けて~」が言えない人が多いです。

神仏の前で「神様、仏様、お助けください」と願っても、助けてくれません。

人を助けらるのは、人しかいないのです。

仏教では、観音菩薩さまが三十三のお姿に変身して、人を助けると説いています。

助けるといっても、直接助けるのではなく、気づかせる行動を起こしてくれるのです。

例えば、15番目の化身の「比丘身」、お坊さんのことです。

お坊さんの一言に「はっと」気づくことがあれば、その言葉は、観音さまからプレゼントです。

23番目の化身「童男身」とは、男の幼子です。幼子の何気ない仕草に「はっと」したら、その影には観音さまが坐のです。

31番目の化身「緊那羅身(きんならしん)」は美声の持ち主です。美しい歌声に「はっと」したら、それも観音さまです。

だから、遠慮なく人に「助けて~」と言いましょう。

相手は見た目は人ですが、正体は「観音さま」なのです。

人生で最初に出会う観音さまは「母」です。

「抱き癖がつくから、抱っこしない」という方がいますが、

「抱き癖」は付けるものです。

母親が抱いた子は、必ず人を信頼する人間に育ちます。

そして、人を信頼する人は三十三の姿に変身して、人を気づかせる人になるのです。







ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.