カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  リンク








  月別記事(直近3ヶ月)
  記事順序
古い記事からご覧になりたい方は、下記のページへお入りください。

http://blog2.yumekosan.com
  プロフィール
   Author:   Yumeko
    HP:   ヒーリングアートYume
  ブログ内検索
  ブログ@携帯
 


(渡辺 和子「目に見えないけれど 大切なもの」より)

「美しい死」

美しい死で思い出すのは
マザーテレサのことである。

ある男性が
「ひとつ腑に落ちないことがある」
と質問した。

「あなたのところでは、医薬品も人でも不足がち
だというのに、なぜ貴重なものを生きる見込みのある
人々にではなく、与えたところで死ぬに決まっている
瀕死の人々に与えるのですか」。

言外には、「無駄ではないか」という
素朴な疑問があったと思う。

マザーの答えは、はっきりしていた。

「私たちの『死を待つ人の家』に連れてこられる人々は
路上で死にかけているホームレスの人々です。

彼らは私たちの『家』で、生まれてから一度も
与えられたこともない薬を飲ませてもらい、

受けたことのない優しく、温かい手当てを受けた後、
数時間後、人によっては数日後に死んでゆきます。

その時に彼らは例外なく『ありがとう』といって
死ぬのですよ。」

マザーがいいたかったのは、望まれないで生まれ、
人々から邪魔者扱いされ、生きていてもいなくても同じ
という思いで数十年生きてきた人々。

自分を生んだ親を憎み、冷たい世間を恨み、
助けの手をさしのべてくれなかった神仏さえも

呪って死んでもいいような人々が、
「ありがとう」と、いまわの際に感謝して死んでゆく。

そのために使われる薬も人手も、これ以上尊い使われ方は
ないのではないか、ということだった。

話し終えたマザーは、感にたえたように

"It is so beautiful." 
(それは本当に美しい光景です)

と呟き、その後で静かに

「人間生きることも大切ですが、死ぬこと、
それもよく死ぬことは、とても大切なことです」

といわれたのであった。

通訳をしていた私は、あの異臭の漂い、蝿の飛び交う
粗末な建物の中での"美しい死"、

惨めな一生の最後に"尊厳"を身にまとって死んでゆく
人々の姿を教えられた思いであった。


・・・・・・・・・・・・・・・



わたしのCDの「ありがとうの唄」の歌詞の中に
♪ありがとうと言わせてくれて ありがとうです♪
という一節があります

大変だった職場を去る時や
自分につらくあたった人との別れの時や
厳しい人生を終えるときに
もしも「ありがとう」と言えたなら
この体験の学びは満点ですね

「ありがとう」と言えた時の喜びは
言われた側よりも大きいでしょう

そして「ありがとう」と言わせてくれた相手への感謝は
たとえようもなく自分を幸せにします


人生はオセロゲームのよう
生まれてきたときは 
何も無く しかもすべてが有る白

人生の途中にどんな色があろうとも
最期が「ありがとう」の白だったら
この人生は 全部白にひっくりかえるのです

この障害物だらけの人生を
どうやって「ありがとう」にしていくか・・
そんなゲームに みんな挑戦中

~人生は 感謝に至る道~






ILLUSTRATION BY nyao nyaoチャ箱♪  
Copyright © Yumeko All Rights Reserved.


.